Solution bands
Column items
Media
Media
イメージ図:実装デザイン
Media
Media
イメージ図:顔認証技術
Media
Media
イメージ図:セキュリティ
Background colour
White
Section intro title
実装デザイン
タイトル
利用と運用を最適化します
Band body

エンドユーザーにとっての使いやすさと、企業様にとっての導入・運用のしやすさ。ユーザビリティも、顔認証の重要な機能のひとつと、私たちは考えます。100年にわたって暮らしと社会に応える製品を生み出してきたパナソニックだからこそ、設置する用途や環境に合わせて最適な顔認証システムをお届けすることができます。

タイトル
ユーザービリティを追求した空港の顔認証ゲートが、グッドデザイン賞を受賞
Band body

羽田空港、成田空港、中部空港、関西空港、福岡空港、新千歳空港および那覇空港(2020年7月上旬予定)などで導入されている顔認証ゲートでは、顔認証による本人確認で厳格かつ円滑な手続を実現。自然な認証を目指して、パスポートリーダーにパスポートをかざしてから、顔認証カメラに視線を向けるまでの動きが最短になるように設計。また、カメラを意識させないハーフミラー仕上げや、人の円滑な動きを実現するために進入部の間口を広くし、スーツケースなど手荷物が置けるスペースも用意しました。さらに、遠くからでも視認性の高い誘導表示や、気持ちを和らげるカラーリングに丸みを帯びたカタチを採用し、誰もがストレスなく使える顔認証を徹底的に追求しました。この顔認証ゲートは2017年グッドデザイン賞を受賞しました。

Media
Behaviour state
Lightbox triggered by Thumbnail
Media
2017年度 グッドデザイン賞「顔認証ゲート端末」について
Background colour
White
Section intro title
顔認証技術
タイトル
AIを応用して世界最高水準<sup>※1</sup>を提供
Band body

パナソニックの顔認証は、長年培ってきた画像処理技術に加え、ディープラーニング技術を応用。顔の角度の違いや経年による変化、メガネやマスクをしていても、世界最高水準※1の精度で顔を認証することができます。

入退室ゲートのような利用シーンの場合、登録する顔画像が顔認証に適しているか事前に自動でチェック。不適切な画像の場合は再撮影を通知します。駅や店舗のような利用シーンの場合は、さまざまな環境・空間であっても最適な画像を捉えられるカメラの設置・調整力で認証エンジンの機能を最大限に発揮させることができます。

※1:2017年4月28日に公開されたNIST公式の評価レポート(IJB-A FACE VERIFICATION CHALLENGE PERFORMANCE REPORT、IJB-A FACE IDENTIFICATION CHALLENGE PERFORMANCE REPORT)における評価点において。その後も、日々改善を図り、2019年11月時点でエラーを約1/5に低減。

タイトル
ディープラーニングの応用で進化が加速
Band body

パナソニックは1992年に顔認証の開発に着手し、幅広いニーズに応え、顔情報を活用したさまざまな技術を開発してきました。さらに、2017年、人の脳が学習する仕組みを取り入れた機械学習手法であるディープラーニングと、誤りを抑制する類似度計算手法を組み合わせた独自のアルゴリズムによって、いかなる状況下でも正確な顔認証が行えるシステムを開発。世界最高水準を誇るその精度は、さまざまな領域で活用されています。

Media
Behaviour state
Lightbox triggered by Thumbnail
Media
イメージ図:ディープラーニングを利用した顔認証技術
Background colour
White
Section intro title
セキュリティ
タイトル
技術とノウハウで個人情報を守る
Band body

顔認証は個人情報の集積です。個人情報を管理するセキュリティを、パナソニックは技術と人の力で徹底しています。

タイトル
セキュリティ技術
Band body

顔認証で得られた顔特徴量データはクラウドサーバ上に保管され、パナソニックの厳格な情報セキュリティ基準に従って安全に管理します。また、お客様の管理サーバを設置して、システム内に顔画像を残さない運用も可能です(個別対応)。

タイトル
情報管理力
Band body

技術に加えて、長年の知見による個人情報を守るための人的ノウハウとコンプライアンスを周知徹底。監視カメラや決済端末国内シェアNo.1の実績が裏打ちする、セキュリティ分野におけるパナソニックの高い信頼を、顔認証に。企業様は個人情報を適切に管理でき、安心して運用することができます。

Background colour
Grey
Section intro title
顔認証とは
Wysiwyg body

顔認証についてご存知ですか?

安全・安心な環境の整備や効率化に向けて、いよいよ本格化する顔認証。あらためて、顔認証のしくみや、実現できること、導入によるメリットをわかりやすくご紹介します。

1分間でわかる、顔認証入門
Background colour
White
Section intro title
パナソニックの顔認証だから、さまざまな活用シーンで最大効果
Band intro title
オフィスで
Band body

オフィスにおける高いセキュリティと経費削減の両立。ICカードを取り出す手間がなく、ウォークスルーでセキュリティゲートを通るだけで認識。来訪者の顔写真を3ステップで簡単登録後、即時利用が可能です。カード紛失や盗難リスクがなくなり、再発行の手間も不要です。

Item body

導入効果:

  • 事前品質チェックアルゴリズムを搭載し、顔認証に最適な画像登録を選択することで、スムーズな入退室を実現。社員の方、来訪者の方ともにストレスフリーな安心のオフィス空間を構築。
  • 管理者による一括登録も可能で、大規模なオフィスビルにも導入可能。展示会や研修旅行をはじめMICEや、今後本格的な開業が見込まれる大型IR(統合型リゾート)においても有効です。
  • 認証と同時に名刺情報を登録して、入室中の人の一覧を顔写真で確認することも可能。会議の場で“名前が分からない”を解消します。

導入実績:

  • 東京・日本橋の「日本橋室町三井タワー」に入居する三井不動産様が、本社移転を機にパナソニックの顔認証入退セキュリティシステム「KPAS」を導入。ウォークスルーによってハンズフリーな入退室を実現。 詳細はこちら(日経クロステック記事)
  • 2019年7月から会員型コワーキングスペース『point O marunouchi』様にて、オフィス入り口や個室18室に顔認証チェッカーを導入。ハンズフリー入室を可能に。
  • パナソニック コネクティッドソリューションズ社の本社にも導入し全社員8000人が登録。勤怠システムと連動させて運用効果を実証中。

※MICE:企業等の会議(Meeting)、企業等の行う報奨・研修旅行(インセンティブ旅行)(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会等が行う国際会議 (Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字を使った造語で、これらのビジネスイベントの総称を指します。

当該製品:

顔認証入退セキュリティ&オフィス可視化システム KPAS


Media
Media
イメージ図:オフィスで顔認証
Band intro title
空港で
Band body

円滑な顔認証で、出帰国手続の合理化をサポート。​

事前登録が不要。パスポートのICチップ内の顔画像と、「顔認証ゲート」で撮影した本人画像との照合により、空港での厳格かつ円滑な出帰国手続の合理化に貢献します。

Item body

導入効果:

  • カメラを意識させないユーザーインターフェイスを採用し、乗降客の心理的圧迫を軽減。さまざまな置き方に対応するパスポートリーダと併せ、円滑な手続環境を実現します。
  • 世界最高水準の顔認証エンジンにより、利用者の経年・化粧・表情・画質等さまざまな条件に対応。
  • 実証実験に基づく「空間デザイン・運用全体設計」により、限られたスペースで最適な配置が可能です。

導入実績:

  • パナソニック製の「顔認証ゲート」は、2017年10月から法務省 出入国在留管理庁様に採用いただき、全国5か所の空港(羽田、成田、中部、関西、福岡)で、計137式を運用されています。さらに2019年には、7月24日の羽田空港を皮切りに、新千歳空港(11/14)および那覇空港(2020年7月上旬運用開始予定)を加え、全国7か所に追加での66式、計203式の導入と、外国人の出国手続への拡大を図られるところです(外国人用の出国手続には合計123式が運用される予定です)。 詳細はこちら

当該製品:

顔認証ゲート


Media
Media
イメージ図:空港で顔認証
Band intro title
店舗で
Band body

店舗内での迷子を探す時間を短縮し、さらに商品ロスに対応。

迷子探しの依頼主(店舗を訪れたお客様)のスマートフォンに保存されている写真を使って、スピーディーで効率的な迷子探索をサポート。また、不審者検知による商品ロス対策や、決済に活用することで手ぶらショッピングの実現にも貢献します。

Item body

導入効果:

  • 動いていても、暗い場所であっても、カメラが顔画像を自動調整して高精度な顔認証を実現。動きまわるお子様の早期発見に寄与。
  • 30,000人の顔登録が可能で、ショッピングモールなどの大規模施設においても安全な運営環境を構築。映像監視システム一体のオペレーションが可能で、業務負荷を大幅に軽減します。
  • ディープラーニングを応用した世界最高水準の顔認証技術による入店管理・決済を実施。円滑で確かな新しい買い物体験を実現。

導入実績:

  • 2019年4月からファミリーマート 佐江戸店様にて、顔認証・商品認識技術を活用した無人販売実証を推進中。 詳細はこちら

当該製品:

AIを活用したディープラーニング技術と監視カメラで構成される顔認証システム FacePRO


Media
Media
イメージ図:店舗で顔認証
Band intro title
アミューズメントパークで
Band body

来園者の利便性向上と、従業員の時間と労力を有効活用。

遊園地のアトラクション利用時や再入園時の“顔パス” を実現。登録も簡単で、来園者の安心で便利な園内体験をサポートします。

Item body

導入効果:

  • チケットの種類別オペレーションを考慮した、顔登録→認証→入園→乗車→退園の一連の流れをスムーズに行える設計。年間200万人を超える入場者数の大型運用に対応。
  • 従来のビジネスモデルからの転換により、従業員の働き方改革を実現し、効率化による売り上げ拡大に貢献。
  • アトラクションの入退場記録を分析して、今後の企画運営に活用。お客様のさらなる満足度向上につなげることが可能です。

導入実績:

  • 2018年7月から富士急ハイランド様にて、入退園ゲートおよび、全39のアトラクションの乗車ゲートに顔認証システムを導入。

Media
Media
イメージ図:アミューズメントパークで顔認証
Band intro title
イベント会場で
Band body

入場時の混雑を解消し、安全・安心で快適なイベント運営を支援。

混雑が予想される入場口やカンファレンス聴講受付をスムーズに。顔認証による本人確認ができるため、コンサートやスポーツ観戦、イベントなどでのなりすましやチケットの高額転売防止に寄与します。

Item body

導入効果:

  • 顔登録は10秒未満、顔認証は1秒未満というスピーディーな本人確認で入場時の混雑を解消。
  • 家電で培った直感的な操作により、初めての方でも迷わずストレスなくご利用いただけます。

導入実績:

  • 株式会社コングレ様が、2019年11月に開催されたスポーツビジネスジャパン2019で、顔認証システムによる入退場管理を実施。 詳細はこちら
  • デンマーク・スーペルリーガの名門サッカークラブ「ブレンビーIF」のスタジアムにおいて、入退場管理とフーリガン対策を目的にパナソニックの顔認証システムを導入。 詳細はこちら

当該製品:

顔認証入退セキュリティ&オフィス可視化システム KPAS

AIを活用したディープラーニング技術と監視カメラで構成される顔認証システム FacePRO


Media
Media
イメージ図:イベント会場で顔認証
Band intro title
Webアプリで
Band body

開発者向けに、安心・安全な高精度顔認証を提供。

顔写真の正誤は、マッチングアプリの信頼性を左右します。アプリ上に表示された顔写真が本当にやりとりしている本人なのかというユーザーの不安を、パナソニックの顔認証で解消できます。

Item body

導入効果:

  • ディープラーニングを活用した世界最高水準の顔認証技術により、本人確認を強化。なりすましや同一人物による複数アカウント作成を防止します。
  • ネットワーク経由で顔認証Web-APIを呼び出すだけで、高精度な顔認証を短時間で簡易に、かつ安全に導入できます。

導入実績:

  • 株式会社マッチングエージェント様が運営するマッチングアプリ「タップル誕生」において、パナソニックの顔認証APIサービスが採用。

当該製品:

顔認証 APIサービス


Media
Media
イメージ図:Webアプリで顔認証
Band intro title
さらなる活用シーンを広げます
Column items
サブタイトル
介護施設で
Column body

入居者様を見守って、必要に応じて事前通知

Media
Media
イメージ図:介護施設で顔認証
サブタイトル
学校施設で
Column body

より安全な入退管理で、安心して学べる場に

Media
Media
イメージ図:学校施設で顔認証
Background colour
Dark Grey
Section intro title
事例
Wysiwyg body
 
1/1
Background colour
Grey
Section intro title
ラインアップ
Band intro title
製品
Band body

汎用普及モデルとしての使いやすいソフト・ハード統合パッケージ

Item title
顔認証 入退セキュリティ& オフィス可視化システム
Item body

顔認証でスムーズな入退に貢献。家電で培った、ユーザビリティへのこだわりやノウハウと、お客様との実証実験を重ねて徹底的に追求した、活用シーンにあった機能やデザインで、快適なオフィス空間づくりに貢献します。

KPASの詳細はこちら


Media
Media
バナー:KPAS
Item title
ディープラーニング顔認証システム
Item body

AIを活用したディープラーニングの技術と監視カメラで構成される顔認証システムです。顔認証エンジンと高性能インテリジェント監視カメラによって「高精度」「コスト低減」「拡張性」など、さまざまなメリットをご提供します。

FacePROの詳細はこちら


Media
Media
バナー:FacePRO
Band intro title
開発向けサービス
Band body

すぐ試せる、すぐ使えるWeb-API

Item title
クラウドで利用できるディープラーニング顔認証API
Item body

顔データの登録や認証のコア機能をAPIサービスとしてご提供。高水準の顔認証技術を、さまざまなアプリケーションに手軽にセキュアに導入できます。多拠点/多端末向けアプリケーションにも適しており、さまざまな現場での業務効率化に顔認証をご活用いただけます。

顔認証APIサービスの詳細はこちら


Media
Media
バナー:顔認証APIサービス
Item title
クラウドサービス パートナープログラム
Item body

パートナー様の商品にパナソニックの顔認証技術を組み込むことにより、新たな価値創造をサポートするプログラムです。​開発支援からマーケティング支援まで、さまざまな場面でパナソニックがサポートいたします。

クラウドサービス パートナープログラムの詳細はこちら

Media
Media
バナー:クラウドサービス パートナープログラム
Background colour
Grey
Section intro title
ニュース/トピックス
Solution description
世界最高水準の認証技術や、個人情報を管理するセキュリティ対応はもちろんのこと、家電で培った実装デザイン力により卓越したユーザビリティを実現。エンドユーザーに使いやすく、企業様が運用しやすいパナソニックの顔認証なら、設置場所に応じた最適なシステム構築をご支援します。
Solution header image
Display title
顔認証は、精度の先へ。
Solution subtitle
パナソニック発、卓越したユーザビリティと、ストレスのない運用を。
URL alias
/facial-recognition
Solution contact number
0120-878-410
Solution opening times
受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日は受付のみ)
External?
Off
Weight
1